外国人におせち料理を説明

新着おすすめ記事

外国人におせち料理を説明

外国人は様々ですが、その中でも日本に興味の持っている人も何人かいます。

そんな人たちはどんな日本の文化でも疑問を持ち、質問をしてきます。

そんな時に、日本人であるあなたは大抵のことは答えられないといけませんね。

そのため、あなたも日々日本の文化についてよく理解しておく必要があります。

本日はそんなあなたのために、日本の文化として重要なおせち料理の意味について軽くご紹介させていただきます。

実はおせち料理についてあまり深く知られていないのが、現在の日本人の現状です。

ただただおせち料理はお祝い事で縁起がいいから食べているというように認識している人が多く、その本当の意味について知っている人はあまりいません。

まず、おせち料理はもともとその年の豊作や健康祈願などを祈りながら食べるものとされていました。

そして、その祈りかたというのが、その祈願の呼び名にかけて料理を作ることだったのです。

例えば、おせち料理に入っているえびは、腰が曲がるまで、要は老人になるまで長生きしようという意味合いがあります。

他にも、栗きんとんは金色からお金を連想させます。

その結果、お金がいっぱい入ってきますようにという考えを用いています。

他にも黒豆は豆に働くという、なんとも面白いですね。